ダウントンアビー、ハイクレア城と同じ、ヘップルホワイト様式のメインダイニングセット| ヨーロッパ、イギリス風のお部屋に、インテリアコーディネイト

Furniture, Accessories, Dreams.
Interior Gallery LENON Since1992
HOME 高級輸入家具 高級輸入住宅・マンションのコーディネート ショールームご案内 スペシャルオーダー専門 東京日本橋店
高級輸入家具 >ドレッサー・コンソールテーブル
 
ダイニングセット ソファセット テーブル チェスト・ボード ビューロー
・デスク
ドレッサー・コンソールテーブルテレビ台 キャビネット ファイアープレイス ミラー ベッド

ヘップルホワイトダイニング5点セット

商品番号:01-0009-2

正統派クラシックスタイルの美しさ− 18世紀から続く、繊細な洗練されたスタイル

18世紀アンティーク家具と同じ、高級木材マホガニー材に、熟練の職人たちが手作業で作り上げています。
家具1点1点で、色の仕上げ具合、彫刻の雰囲気は変わりますので、ご了承ください。

材質:マホガニー
サイズ:幅150×奥行90×全高75cm
カラー:TBA
カラー:AS

18世紀イギリスの貴族スタイル

18世紀イギリスで誕生したヘップルホワイトがデザインした家具は、繊細な優美さがあり、今でも、欧米で愛されています。
参考写真:ハイクレア城ホームページより

イギリスのマナハウスが舞台となっている、「ダウントンアビー」のロケ地ハイクレア城のメインダイニングルームは、ヘップルホワイトの家具が使われています。英国王室や貴族の邸の格式のあるダイニングルームは、18世紀に誕生した、ヘップルホワイトかチッペンデールデザインの家具が用いられています。
参考写真:「ARCHITECTURAL DIGEST July 2007」Harry N Abrams出版

ヘップルホワイト様式のダイニングセットを合わせると、家にエレガントでクラシックな風格が生まれます。
参考写真:「ARCHITECTURAL DIGEST February 2014」Harry N Abrams出版

同じ18世紀に活躍したチッペンデールデザインのチェアと組み合わせています。
200年以上前にデザインされた家具ですが、洗練されたモダンな雰囲気になります。
張地や仕上げ色によって、クラシックにもモダンにも合わせやすいデザインですので、当店でも大変人気のある家具です。
>お客様のインテリアを見る

フレンチシックな雰囲気でも

仕上げ色に白やゴールドを使う事により、一層エレガントで優美な家具となり、現在ではこちらの仕上げ色も大変人気となっております。
参考写真:「ARCHITECTURAL DIGEST January 2012」Harry N Abrams出版
参考写真:「ARCHITECTURAL DIGEST September 2005」Harry N Abrams出版
参考写真:ウィーン インペリアルホテル
>お客様のインテリアを見る
>お客様のインテリアを見る
高級輸入家具 高級輸入住宅・マンションの
コーディネート
品質&ポリシー ショールームご案内
会社概要 テレビ/雑誌 ブログ リンク